展覧会

2019年 春季展

本館

85周年記念 白鶴美術館の中国陶磁器 釉色への憧憬 ―宋時代を中心に―

当館の中国陶磁器コレクションの多くは、創立者嘉納治兵衛正久(1862~1951)により大戦末期に寄贈されましたが、既に、茶会や昭和9(1934)年、開館二回目の秋季展から公開されてきたものです。
今回は、宋時代(960―1279)を中心に、それ以前の陶磁器を展示します。「宋磁」といえば、「砧(きぬた)青磁」や「天目(てんもく)」と呼びならわされる黒釉茶碗など、日本人を魅了してきた美しい釉色の器が知られています。20世紀に入り、さまざまな美術・工芸に対して学術研究が進むようになると、日本の伝統文化に浸透し、家宝や茶道具の名物として愛されてきたこれらの器もその対象となりますが、その美しさは改めて高い評価を受ける中国美術として受け継がれています。
当館では昭和24(1949)年、開館15周年の企画展「天目・青磁展」が開催されています。戦後間もない当時、学術的視点からも注目すべき中国陶磁器展となったことでしょう。
この春季展が当館85周年記念となりました。作品陳列とともに当館における中国陶磁と展覧会について振り返ってみたいと思います。

PDFはこちら

主な展示品

青銅鍍金獅子鎮柄香炉

唐三彩鳳首瓶(とうさんさいほうしゅへい)

中国 唐時代

唐時代の三彩陶器。白化粧の上に透明釉をかけ、更にその上に緑色と黄褐色の釉薬を流しがけしている。緑と黄褐色が交り合っていることが本作品の大きな特色である。唐三彩の作例の多くは墓から出土している。
本作は、鳳凰を象り、注ぎ口がその顔となっており、やや歪んだ口を開け、目は垂れて窪んでいる。雄々しさというよりも親近性を備えている。頸に四本のリング状の突起が付けられるが、これは古来、鳳凰や龍といった神獣に表された標識の名残りの可能性がある。頭部と胴部を繋ぐ把手(取っ手)は植物の茎の形象を採り、葡萄の実のようなものを下部に付けている。胴部は、鳥の柔らかな身体を思わせるように中央よりやや下側でぷっくりと膨らむ。
外面には多くの装飾が施されるが、中央部分には鳳凰を表す計五つの円相が配され、円相の間には植物文様、またこれらの上下には植物文を入れる蓮弁形がそれぞれ表される。これらの文様は全て貼花と呼ばれる型押しによるもので、実のところ数種類の型しか用いずに制作され、上下に反転させるなどして変化をつけている。以上の文様の上下には更に素面の蓮弁が配される。
 本作品のような形象の水瓶は、ペルシアやソグディアナなどの西方地域から伝わった金属器を範としたものと考えられ、金属器に表された文様の立体性を貼花によって再現したと推測される。

白地黒掻落龍文梅瓶 (しろじくろかきおとしりゅうもんめいぴん)

中国 北宋時代

(本館所蔵品紹介頁http://www.hakutsuru-museum.org/collection/ 参照)

青磁鳳凰耳花生(せいじほうおうみみはないけ)

中国 南宋時代

(本館所蔵品紹介頁http://www.hakutsuru-museum.org/collection/ 参照)

禾目天目茶碗(のぎめてんもくちゃわん)

中国 南宋時代

福建省にある建窯は、世界に名高い「曜変天目」を産した窯で、20世紀初めの窯址踏査以来、文献研究に加えて、考古・自然科学的学術調査が進められてきた。「禾目」という釉調は、稲穂の先端の針状部分に見立てたものだが、元来、これは兎の毛並みにたとえて「兎毫(とごう)」と呼ばれてきたものである。
 くびれをわずかにもたせた口縁部、胴下部にたっぷりと垂れる釉溜まりが生み出す重厚さ、ざらつきのある黒褐色の小さな高台まで、すっきりと整ったシルエットは、いかにも「建盞」(建窯の茶碗)らしい。
多くの類例は、この茶碗のような茶色を呈しているが、北宋時代、風流天子として名高い北宋時代最後の皇帝、徽宗(きそう:1082~1126)は「兎毫(とごう)」釉について、青黒い筋のものを最上と述べている。日本においては室町時代、兎毫は曜変・油滴とともに高級唐物茶器として挙げられた。その美は日本文化に浸透し、受け継がれて現在も私たちを魅了し続けている。

新館の展示品はこちら

展示会TOPへ

ページTOPへ