展覧会

2018年 秋季展

新館

近代において、ペルシア・アナトリア・コーカサスの各地域が繊細で迫力のある美術工芸として絨毯を生み出しています。それは色糸によって描かれる大画面の点描画として、伝統的な文様に近代的な感覚を取り入れ、より細かく多色で美しい作品へと発展していきました。今回展示するペルシア、イスファハーンのシュレシ工房でつくられた絨毯では、0.5mmのペン先で描くに等しい細かな織りがみられます。現代では色数も増え、「絵画絨毯」と呼ばれる、一見、写真と見紛うような作品もありますが、それは19世紀以降に成長を遂げた近代絨毯産業の延長上に生み出された姿といえるでしょう。

近代の中東に於いて一大輸出産業となった「伝統美術工芸」絨毯。優れた絨毯を観察することで、当時の絨毯工房の飽くなき挑戦を垣間見ることができるのです。

主な展示品

ナーイーン、ツデシク、ペルシア中央部 

20世紀初期

(新館所蔵品紹介頁http://www.hakutsuru-museum.org/annex/ 参照)

イスファハーン、シュレシ、ペルシア中央部 

20世紀中期

(新館所蔵品紹介頁http://www.hakutsuru-museum.org/annex/ 参照)

ヘレケ、アナトリア中央部

20世紀後期

ヘレケはシルク絨毯で知られる。1平方メートルあたり100万ノット(経糸に結び付けられたパイル糸数)程度に達する密度の高さもヘレケ絨毯の特徴のひとつとなっている。中央に円形のメダリオン、四隅に飾りのつくメダリオンアンドコーナーの形式はペルシアの影響を受けたもの。ヘレケには王宮工房があったため、それを引き継ぐ繊細なモティーフを織り込む絨毯が多く生産されている。 この絨毯はベージュを基調とする落ち着いた色調が大きな特徴となっている。壮麗な蔓草でつないだ個々の花文にアナトリア地域らしい印象を感じる。

クバ―ぺルぺディール、コーカサス

1900年ごろ

コーカサス絨毯は幾何学的な文様を展開するものが多く、直線的で大胆なイメージがある。この絨毯もそうした特徴を有する。この絨毯には「羊角」と称するフック形文様が並び、その前後左右に鳥ともラクダともいわれる文様が反復される。 パイルの織りは、コーカサス地域のなかでも特に細やかで正確である。また織りの密度も高い。経糸二本どちらにも巻きつけて結ぶ、いわゆる「トルコ結び」で織られている。

本館の展示品はこちら

展示会TOPへ

ページTOPへ